2013年03月13日

体験前にぜひご一読を!

こんばんわ。
アシスタントのaiです。
連日の強風で、外に出るとぐったり疲れますね…バッド(下向き矢印)
あったかくなるのはいいけど、もう少し穏やかな春を感じたいこの頃であります。

さて、春ターム体験会のお申込ありがとうございます。
新しい事をはじめるには春はピッタリですからね晴れ
楽しいレッスンができるように私達も頑張ります手(グー)
そして今日は、Music Together のレッスンに参加する前に、知っておいて欲しい事を書いてみようと思います。

Music Together のプログラムの特徴。
これを3年アシスタントをして見てきた私が簡潔に言ってみると…。
「親が学び、手本を示し、家庭で再現、家族で楽しむ!!」
かなと思います。

レッスンについてのよくある問い合わせに、
「年齢別のプログラムではないようですが、例えば3歳児と0歳児とできる事は違うのに大丈夫なのですか?」というものがあります。
確かに、Music Togetherのプログラムは就学前児までを対象としているので、極端に言うと6歳と0歳が同じ教室で学ぶことになりますよね。
うんうん。
確かに同じこと、できませんよね。
じゃあなんで同じ時間に同じレッスンでいいのかというと、
上記の「親が学び、手本を示し、家庭で再現、家族で楽しむ!!」って事になるんです。

レッスンではまず、親が楽しむグッド(上向き矢印)
そして、楽しんでいる姿を子供に見せつける(笑) ←これ大事!
音楽の楽しみ方のお手本を見せるのです。

子供が見ているだけ、走り回っているだけでもお構いなし。
(危ないことしてたら止めましょうね)
だって、子供は見てないようで親のやることはしっかり見てますからね。
レッスンに興味なさそ〜な感じでも、家に帰ってCDをかけてみたらきっと驚くと思いますよ。
家にあるぬいぐるみを並べて、先生になりきったりして張り切って歌っていると思いますわーい(嬉しい顔)
ちゃ〜んと見てるし聞いてるんですよねぇひらめき

Music Togetherはレッスンの場で何かをしなければならないという教室ではありません。
レッスンで得たことを家庭で楽しみ、子供自身が音楽を身近に感じて、自然に表現できるようになる事が目的なんだと思います。
だから発表会のようなものはありませんし、年齢分けもしないんですひらめき

私は講師ではないので、Music Together の理念を正確に理解はしてないかもしれませんが、確実に言える事は「レッスンは親も(が!?)楽しい!」って事ですね〜るんるん
(強引なまとめですが…あせあせ(飛び散る汗))
そして何よりも、実際に通ってらっしゃる生徒さんが、家庭でどのように音楽を楽しんでいるのかを読まれるのが一番理解できるのではないかなと思います!
それがこちら⇒カラオケホームページの生徒さんの声

そして、下記のMusic Together本部公式ブログの記事

ペンLook through Chilrens' eyes〜子どもの目線で

ペン0歳からの音楽教室?

ペン体験クラスにご参加される前に…

この3つの記事が、きちんとした理念につながる話だと思うので、とても参考になるのではないかなと思います。
ぜひ一度読んでみてくださいねexclamation×2



かわいい春ターム体験レッスンのお知らせかわいい

るんるん木曜クラス(千葉みなと教室)
日にち:4/25(木)
時間:@10時〜 A11時〜
場所:森口ダンススクール2階
定員:8組程度

るんるん土曜クラス(蘇我教室)
日にち:4/20(土)
時間:10時〜
場所:フクダ電子アリーナ内 会議室
定員:8組程度

お申し込みは以下のフォームからお願いいたします。

位置情報申し込み専用フォーム ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c595c55f135405

満席になり次第〆切りますので、
ご興味のある方はなるべくお早めにお申込みくださいねexclamation×2

posted by ai at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | MusicTogetherについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

レッスン料

こんにちは。
アシスタントaiです。
今日はレッスン料について、書いてみたいと思います。

MTのレッスン料。
1ターム2万円と聞いて
「高いっ!Σ(゚ロ゚ノ)ノ」
と思った方は、私だけではないと思います。

そう。
私も、まだ全然MTの事を知らない時に、この値段を聞いて
「セレブな習い事なのね〜」
と思っていました・・・

最初のインパクトって強烈だもんねダッシュ(走り出すさま)


でもでも。
でもね。
よくよく見たら、2万円/月なわけではないんですよひらめき


普通のお月謝制の習い事ではないから混乱するけど、
約3ヶ月間のレッスン10回+教材 で2万円。
(実際は、全出席でも参加OKな振替レッスンも入れると11回なんだけどね(*^o^)b)

単純に20,000円を10回のレッスンで割ってみたら、1回2,000円


1回2,000円のレッスンって事は、お月謝制の習い事だと

2,000円×週1の3回として=6,000円
2,000円×週1の4回として=8,000円

となります。

月6,000円〜8,000円の習い事って、
そんなにべらぼうに高い訳ではないじゃんか
exclamation×2


それに支払いはこれっきりひらめき
教材費(CD2枚と教本)は込みの値段だし、おまけに教材は大人まで楽しめちゃう素敵な曲ばかりるんるん
(そういえば某音楽教室では半年に5,000円位教材費別途徴収されたなぁ・・・)
よくわからない施設費を取られたり、発表会もないので発表会費もないし、
なにげにリーズナブルな習い事なのかも。


としばらくしてから気がつきました・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


あと。
レッスン料とは違う話だけど、発表会がないってところ。

成果が見られなくて残念と思う人もいるかもしれないけど、
MTのコンセプトが"成果を発表する事を目的に・・・"なのではなくて
"家庭での音楽的に豊かな環境を整える"って事だからなくて当然なのかな。
むしろ、レッスンで学んだ事を家庭で発表する。
"毎日が発表会!"
って感じなのかな〜と思いました。


それに、ファミリーデーもある意味発表会的な役割を担っているのかもひらめき
お父さんや兄弟を始めとして、祖父母の方や、お母様のご兄弟の方々も来てくださったりするんです。
お子さん一人につき、たくさんの大人の方がいらして、その皆さんが一緒にレッスンに参加するので
「あれあれ、これは大人の習い事だったかしら・・・わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
と思ったりした事もありました。
発表会っていう形じゃなくても、大好きな家族に囲まれて楽しくレッスンしている姿を見てもらう、
さらに家族が一緒に楽しんでくれるっていうのが、子供にとってとても嬉しい事なんじゃないでしょうか。


Music Togetherの事、全然知らないとよくわからないけど、
じっくりレッスンに付き合ってると、他の習い事と違うんだなって事がよくわかってきました。
ほんとに【今までと違う新しいプログラム】なんだねぴかぴか(新しい)
色んな発見があって、毎回楽しいで〜するんるん


カメラ とあるファミリーデーの1枚。大人がたくさん!なんの習い事だ〜w
20110813.JPG


かわいい 秋ターム体験会参加者募集しています!
定員になり次第〆切ますので、お申し込みはお早めに!
詳細は↓こちらでご確認を
http://smilemt.seesaa.net/article/214364489.html


posted by ai at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | MusicTogetherについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

英語、話せないんですけど・・・

今日は、英語についてのお話です。
MTレッスンの問い合わせに、
耳「英語が話せないんですけど、参加できますか?」
というものがよくあります。

お答えとしては、
「もちろん英語が話せなくても全然大丈夫手(チョキ)
です。

CDに収録されている曲は、世界各国から集められた曲ですが、
言語としては英語が主体です。
しかし子供も一緒に歌い楽しめるように、とても易しい言葉ばかり。
多くは生活に密着した日常的に使う言葉ばかりなので、
全く問題ありません。


またレッスンの間、講師は英語で話しますが、
こちらも、音楽に合わせる動きの簡単な説明程度で、
難しい英語を話したりはしません。
もちろん私自身日本人ですので、わからないかな?
と思う時は日本語で説明したりしますよひらめき


お母さん達は英語に抵抗あるかもしれませんが、
子ども達の吸収はスゴイですよね。
音楽としてなじむと、英語でもあっという間に身についてしまいますねexclamation×2
我が娘も、MTのCDが大好きで、私より発音がキレイ!と思うこともしばしば・・・たらーっ(汗)


余談ですが、私、よく外国人と間違えられるのですむかっ(怒り)
どうも東南アジア系の顔立ちのようで、
一度タガログ語で話しかけられた事があって、
さすがにビックリしましたよがく〜(落胆した顔)
初めてお会いになる方は、「日本語話せないのでは!」と勘違いされる方が
もしかしたらいるかもしれませんが、(いないかexclamation&question
生粋の日本人ですので、どうぞご心配なく〜手(パー)
posted by chiharu at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | MusicTogetherについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする